やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2020/12/29
給与所得の源泉徴収票の交付

[相談]

 当社は年末調整が終わり、各人の源泉徴収票を印刷しました。
 この源泉徴収票は年末調整の対象者だけ発行し、交付すればよいのでしょうか?


[回答]

 給与所得の源泉徴収票は、年末調整対象者かどうかに関わらず、その年に給与を支払った(給与が確定された)全ての人に作成し、原則としてその翌年の年1月31日までに交付しなければなりません。


[解説]

1.給与を支払った人へ交付する「給与所得の源泉徴収票」

 給与所得の源泉徴収票は、法定調書です。
 この「給与所得の源泉徴収票」は、その年に給与を支払った(給与が確定された)全ての人に作成し、原則としてその翌年の年1月31日までに交付しなければなりません。
 この「給与所得の源泉徴収票」にマイナンバーは一切記載しません。その点は十分ご留意ください。

2.税務署へ提出する「給与所得の源泉徴収票」

 上記の他、一定の要件に該当する人の「給与所得の源泉徴収票」は、御社の所轄する税務署へ1枚提出します。税務署提出用であるため、マイナンバーの記載は必要です。

3.市町村へ提出する「給与支払報告書」

 ちなみに、「給与所得の源泉徴収票」とほぼ同等の様式として「給与支払報告書」があります。
 これは、御社が対象者の住所地の市町村へ提出する書類です。
 この場合、対象者が翌年1月1日現在御社から給与支給を受けている人である場合は、翌年1月31日までに、「給与支払報告書」を2枚ずつ提出します。
 他方、対象者が年の途中で退職した人である場合は、退職時の住所地の市区町村へ同様の枚数を提出しますが、「給与支払報告書」に記載されている支払金額が30万円以下の場合には提出を省略することができます。
 こちらは市町村提出用であるため、上記2.と同様、マイナンバーの記載は必要です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

 

お問合せ
のぞみ国際合同会計事務所

代   表 税理士 藤井 敦
副代表 税理士 樫木 秀俊
副代表 税理士 宮尾 広重 


〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第4ビル18F

TEL:06-6344-3371
FAX:06-6344-3372

メールでのお問合せ

相続税専門ページも併設しております。